結果とか成果とか

※ヴァイオリンリーダー講師、
中村 祐実子先生の執筆です。

生徒さん(Mさん4才)が、先日、行われた
日本クラシック音楽コンクールの予選を通過。

なぜコンクールに出て頂くかって、
それは成果に期待しているからではありません。

特に幼い子たちの場合舞台には
魔物が棲んでいると気づく子は気づくし、
楽屋では他の出場者たちの音を聴いて
自分が井の中の蛙だと気づく。

あらゆる気づきを得ることこそ、
コンクールを受ける際の何にも
変えがたい勉強になります。

予選の後、Mさんへ口頭で出した宿題は
ベートーヴェンのメヌエット。

弓の配分や臨時記号が意外と難しい曲なので、
仕上げるのに3週間はかかると思っていました。

が、オンラインレッスンで聴かせてくれた
メヌエットは、非の打ち所がないほど
自分で仕上げていました。

自分で指番号やボウイングまで考えたとのこと。

コンクールを受ける前まではそこまでの
レベルは無かったはず。

そう、これがコンクールを受ける際の
本当の在り方、効果であり 
勉強の本質だと思うんです。

身の程を知ることで、練習意欲が益々高まる。
知識を得ることで、視野が広がる。

結果や成果なんてあとからついてくるから
そこを目的にしてしまっては最もNG。

本選までがんばろうね。
全力でサポートしてまいります。